えっ!?ラーメンが日本食!? 中国における和食事情

china-icchina-china-popular-japanesestyle-food-main

中国でも和食(日本食)は、ちょっとしたブームになっています。

中国人に人気なのはいわずもがな「寿司」

china-icchina-china-popular-japanesestyle-food-middle-01

元々中国では、沿海部を除けば魚を生で食べる習慣はありませんでした。
これは欧米と同様で、火を通さない肉を食べることは健康を害するという考えからです。

しかし近年、世界中で日本食が健康食として注目され、中国でもブームを迎えました。

中でも、回転すしは大人気で、行列ができる店舗もあります。とはいうものの、日本食は高級で価格も高いのが一般的です。中国人にとっては、年に何回かのご馳走という感覚です。

一方、中国に住んでいる日本人にとっては、日本食が恋しくなったタイミングで食べるのがいいですが、やはり高いです。それでも、安すぎる寿司店は衛生面が心配。日本式を修行したことがなさそうな外国人板前が作る寿司は、かなり危険です。なので、高いぐらいでちょうどいいと考えた方がいいかもしれません。

ポピュラー日本食「ラーメン」

china-icchina-china-popular-japanesestyle-food-middle-02

元々、中国に起源があるラーメンですが、日本に伝わってからは醤油ベースのものが普及し、今では立派な「日本食」になりました。

醤油、味噌、とんこつベースのラーメンは中国人にも人気が出て、とくに熊本県に本社がある「味千ラーメン」は全中国に店舗を出すほどの人気ぶりです。
しかも香港証券取引所に上場までしています。
ただ、味は中国人に合わせて少しあっさり目。

ギトギトしたラーメンを食べ慣れている日本人からしたら、拍子抜けするかもしれません。また、店舗によってはスーツを来たウェイターが案内してくれます。レストランの感覚なのですが、ハチマキとTシャツ姿の店主を見慣れた日本人からすると違和感ありますね。

中国における日本料理店は、日本企業が集中している都市に多くあります

つまり、北京・天津・上海・大連・広州・深セン・香港などです。

ほとんどが中国人オーナーによる経営のため、味付けはビミョーと言わざるを得ません。たとえば、みりんやダシを使っていないケースが多く、味噌汁などは似て非なるモノが出てきます。ですから、日本人オーナーによるお店に行くことをオススメします。

かつての中国なら、そうした店はほとんどありませんでしたが、経済発展が進む中国でチャレンジしている日本人も増えています。こうしたお店はハズレがなく安心して食べることができます。

大都市になれば、日本で見慣れたチェーン店をよく目にします

これもひとつの和食(日本食)といえるかもしれません。

吉野家、サイゼリア、CoCo壱、モスバーガー、白木屋など。とくに日本の居酒屋チェーン店は、細かい料理をたくさん楽しむことができるので、中国人のファンも結構います。
「中国に来てまで、わざわざ日本のファミレスや居酒屋?」と思うかもしれませんが、長く滞在している人にとっては重要です。

やはり、油の多い中華料理だけを食べていると、調子がおかしくなるからです。たまに、日本のファミレスに行くことは良いことでしょう。

「そんな日本料理はないよ」というものも…

china-icchina-china-popular-japanesestyle-food-middle-03

中国の日本料理店に行くと、「日本豆腐」というメニューを見ることがあります。
黄色い卵豆腐なのですが、なぜ「日本豆腐」という名前が付いているのかわかりません。日本の豆腐といえば、普通は白いのですが…。

これは天津には存在しない「天津丼」の逆パターンかもしれません。

そんなことを考えるのも食文化の楽しさでしょう。

SNSでもご購読できます。