はじめての中国旅行!オススメの観光地

china-icchina-recommendation-china-travel-main

2016年6月23日更新

多くの人に旅行をオススメしたい国、それが「中国」

日本の25倍の国土を持つ中国…その広さは想像を絶します!

その魅力はなんといっても5000年に及ぶ雄大な歴史。

china-icchina-recommendation-china-travel-1

それゆえに遺跡や史跡が豊富で、天安門広場、紫禁城、万里の長城、兵馬俑など素晴らしい観光地・ポピュラーな観光地はたくさんあります。

しかし、それはほんの一部に過ぎません。

「あまり知られていない中国の観光地に行ってみたい」と考える人は、世界遺産を軸に旅行することをオススメします。

中国の世界遺産は計47もあり、イタリアに次いで世界第2位

実は、中国全土に何かしらの世界遺産が散らばっています。

細かく分類すると文化遺産が33、自然遺産が10、複合遺産が4。

万里の長城、西安の秦始皇帝陵など有名なものがある一方で、日本人にはほとんど知られていない世界遺産もあります。

むしろ、そちらの方が多いくらいです。

とくに『三国志』『水滸伝』といった歴史物語が好きな人にはたまらないでしょう。

china-icchina-recommendation-china-travel-2

歴史に詳しくない人にとっても、上海や香港のように世界をリードする経済力と美しい夜景は有名で、大いに魅力的でしょう。

古いものから新しいものまで多方面にわたって力強いパワーを発揮している、それが中国の魅力です。

そんな中国ですが、日本との関係がいろいろと複雑なため、今なお「近くて遠い国」というイメージがあります。

しかし、難しいことはあまり考えずに、まずは旅行してみてください。きっと、その懐の大きさにハマるでしょう。

よく「旅行は友好交流の第一歩」と言われますが、本当にその通りだと思います。

誰もが行けるような普通のツアー旅行はオススメしません

ただ、ひと口に「中国旅行」といっても国土があまりに広大です。

面積は約960万k㎡で日本の約26倍もあります。当然ながら、名所旧跡を一気に見て廻ることは不可能です。

弾丸ツアーでは、どうしても表面をなぞるような旅行になってしまい、テレビやネットで見る情報とさして変わらないからです。

中国でオススメの観光地&是非行って欲しい場所

初めての中国訪問なら「北京」

首都である北京。もし中国に訪れるのがはじめてなら、是非行ってもらいたい場所です。

万里の長城

関連記事:【北京】~最初に訪れたい場所~

遺跡・史跡が豊富にあり、長期滞在したとしても見切れないほどあります。

ここまで遺跡が多いのは、多くの王朝が首都を置いたからです!

近くて新しい発見がいっぱい「上海」

経済発展が目覚ましい上海。

北京よりは安く行ける場合が多いのでリーズナブルに行きたいならこちらがオススメ!

entryimages_icchina02_03

関連記事:【上海】~古くて新しい経済都市~

食べ物が安い&旨い。

かなり現代的な建物が多く、イベントもたくさん開催されています。

遥かな中国の歴史を知ることができる「西安」

悠久の歴史を誇る古都・西安。遺跡の数が凄まじく、世界各国から観光客が訪れます。

entryimages_icchina_24

西安には、東京(成田)・名古屋から直行便が出ています。

関連記事:【西安】~悠久の歴史を誇る古都~

世界遺産に指定されている、今や中国古代遺跡の代名詞といえる存在の、「兵馬俑」には必ず訪れて欲しいです。

夢のような異世界中国「香港」

グルメと夜景が素晴らしい香港。

まるで異世界に来た感覚に陥ると思います。

entryimages_icchina02_09

関連記事:【香港】~世界のどこにもない奇跡のような都市~

イギリス領で育まれた中華文化が、世界のどこにもない奇跡のような都市を作り出したのです。

『三国志』ゆかりの史跡「成都」

三国志の後半の舞台でもある成都は、実は世界遺産がかなり多いです。

entryimages_icchina03_10

関連記事:【成都】~劉備が切り開いた蜀の都~

中国の代名詞と言っても過言ではない「パンダ」ですが、実は世界でこのあたりにしか住んでいないという事実も。

天空の秘境、聖地「チベット」

一度見ればその美しさに心を奪われざるを得ない、神聖な地。

entryimages_icchina03_15

関連記事:【チベット】~現代に残る、荘厳な秘境~

荘厳なポタラ宮を間近に見れば、言葉にならない感動が溢れてくるでしょう。

他にも見所たくさん!中国には様々な表情がある

中国は見る場所が多すぎるので、しっかりと下調べをし、自分が行きたい!ここを見たい!と思った場所に行くことをオススメします。

今までに紹介したおすすめの観光地について詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。