中国現地の情報がわかるフリーペーパー&求人サイト

entryimages_icchina02_11

北京や上海などの日本人在住者が多い大都市では、日本語で書かれたフリーペーパーが発行されており、日本人が良く行くホテルやレストランに置いてあります。在住者だけでなく観光客にとっても役立つので、入手することをオススメします。

これらのフリーペーパーのいいところは「先週オープンしたレストラン」とか「日本語の歌がたくさんあるカラオケボックス」といった現地のリアルタイムの情報がわかることです。

これらのフリーペーパーの中で、最も代表的で歴史が長いのは『コンシェルジュ』北京・上海・大連・香港の4都市で発行されています。オススメのレストラン、ホテルが掲載されている他、イベントやライブの情報、求人情報、日本人サークルや同窓会の情報まで載っています。

また、就業形態の変化から「中国で働く」という選択肢を選ぶ人も増えてきました。

そんな人に便利なサイトをいくつか紹介します。中国での就職を目指す場合、中国語が話せるとたしかに有利ですが、そうでなくても高い技術力を持ってれば採用したい企業は多いです。興味がある人は、まず登録してみてはいかがでしょうか。

「パソナ・グローバル」は、人材派遣の老舗であるパソナのサイトです。歴史が長い安定感と情報量が多いのが特徴です。中国本土だけでなく香港の求人情報も多いです。

「インテリジェンス中国」は、専任のキャリアコンサルタントがアドバイスしてくれます。海外での就職は不安が多いと思うので、率直に質問してみるといいでしょう。

「カモメ中国転職+アジア」は、リクルートホールディングスが運営していますが、もともとは個人ブログから出発した求人サイトです。そのため、個人の目線で情報が発信されているところが特徴です。就職が決まっても仲介費用はかかりません。

SNSでもご購読できます。