【恐怖体験】中国人が教える、中国旅行の注意点。あとヤバイ体験した話

 entryimages_icchina02_01

はじめに、中国は世界的に見て比較的治安が良いほう

中国は国土も広く、多種多様な民族の集まりです。

一慨にどの地域が危険でどの地域が安全であるということは言えませんが、良くも悪くも政府の力が強大なため、犯罪者が表立って暴れるようなことはありません。

しかし、北京や上海といった大都市には様々な人がおり、自己管理を徹底しておかなければ、犯罪に巻き込まれるおそれもあります。

加えて、地方都市になると警察も観光客の安全まで面倒みきれないため、危険度は増します。

「日本人はお金を持っている」というイメージから軽犯罪に巻き込まれやすい

貴重品、現金、パスポートはホテルの部屋の金庫など信頼できる場所に保管しておきましょう。

もし、信頼できる場所がないのであれば、自分なりに肌身離さず持ち歩くことをお勧めします。

よほどの地域でない限り、強盗に出くわすことはありませんが…買い物をする際にお財布の中に大量のクレジットカードが入っていたり、大金が見えたりすると、ちょっと危ないかもしれません。

基本的に、大金を持ち歩かないことで解決しましょう。

ショッピング時の行動には特に気をつけて

entryimages_middle_19

良く見かけるのは若い女性で、ブランド物のショップ袋を持ちながら歩いている方。

「私は高級品を買いましたよ~盗ってください!」と主張しているようなものです。

またオシャレをしてる方も非常に多いですが、高級な装飾品をしていると危ないかも。

そういう時は大通りや人がたくさんいる安全な道を歩いてくださいね。

目立つ格好や行動は控えるべき、ブランド物の時計など見につけない&持ち歩かない

また、特に危ないのがカメラやスマートフォンなどのガジェットです。

場所によっては、その地域で働いている方の月収にも相当するので(--;)

また、空港や駅を降りると「タクシーどうだ?」とか「ホテルは決まったか?」といった客引きが大量にやってきます。

そのパワーは歌舞伎町の客引きなど比べものにならないほどです。

とにかく相手にしないことが大切です。うっかり白タク(違法タクシー)に乗ってしまうと、10倍近い料金を請求されます。

しつこいときは、「不要(ブーヤオ)」と言ってやりましょう。

物乞いには特に注意…日本人は優しいから特にね

大都市の地下鉄駅などには結構ホームレスがいますが、観光客の立場で彼らに施しをするべきではないでしょう。

つきまとわれたりして、かえって面倒事に巻き込まれる可能性があるからです。

中国は貧富の差が激しく、富裕層が増加する一方で、物乞いになる人も多いのです。

たしかに、彼らにもいろいろな事情があると思いますが、まずは身の安全を考えるべきです。

ここからは私が実際に体験した物乞いのパターンについて少し書いてみたいと思います。

地べたに座りお皿を持っている人 【Lv.1】危険度 ★☆☆☆☆

一番多いと思われる物乞いのパターンです。道端に座り込み、小銭を集めています。

俯いていたり寝ている方が多いです。

かなり大人しく話しかけてくることはほぼありません。スルーしましょう。

板に乗っていたり寝たきりの人 【LV.15】危険度 ★★☆☆☆

体に障害がある方。(中には、自ら手や足を切り落とし、身体障害者になってる方もいます。)

自作のローラー付の板や籠に乗って移動していて、身体障害者であることをアピールし、お金を求めてきいます。

ついてくることは滅多にありません。

お皿を持って歩き回る人 【Lv.20】危険度 ★★★☆☆

歩き回っている物乞いの方も多いです。

特に、観光地にたくさん出没します。

外人を見かけては駆け寄ってお金をくれとついてきます。

あまりにもしつこいときは1元でも上げると退散します。基本は無視しても害はありません。

子どもと大人が2人でいるケース 【Lv.40】危険度 ★★★★☆

子どもと大人が2人で一緒にいますが、何故か縄や鎖で繋がっています。

どちらかが身体障害者の場合もあります。

「子供が死にそうなんです、お金を下さい」と泣きながらついてきます。

時には怒りだしたりします。目を合わせないようにしよう。

子供一人の物乞い 【Lv.90】危険度 ★★★★★

これは本当に子どもが1人で物乞いをしている可能性もありますが、子供がお金をくれと寄ってきたときにお金を上げないと泣き出して、近くから子供の保護者を名乗る大人が出てきます。

子供に危害を加えたと言って警察に言うぞ!等と脅してきます。
(ちなみに筆者は1人で歩いていた時に言われたので、複数なら言われないかもしれません。)

特に注意したいのは子供の物乞い。

繁華街などでローラースケートで移動しながら花や小物を売っている子供などは注意したいですね。

保護者と名乗る大人が出てくるパターンは恐怖でした。

怒鳴られたりするのが苦手なので、泣き寝入りする方が多いです。

また、「かわいそうだから」と言って一度お金をあげてしまうと他のホームレスがワラワラ寄ってくる可能性もありますのでくれぐれもご注意ください。

【中国のリアル】中国旅行で盗難より恐ろしいトラブルに続きます。

SNSでもご購読できます。