中国で幅広い年齢層に大人気のダンスナンバー「小苹果」(筷子兄弟)!

popular-littleapple-1

中国人と親しくなるコツは、やはり「中国に興味を持っている!」と伝えることでしょう。

観光地、中華料理、『三国志』などなど何でもいいのです。

少し伝えただけで、かなりフレンドリーになれるはずです。これはビジネスでも遊びでも同じ。

では、今回は中国で2014年から2015年にかけて大ヒットした曲をご紹介します。

『小苹果』(シャオピングォ)

これを知っていると中国人に伝えたら、「あなたは中国の最新情報まで知っているんですね!」と距離感がグッと近くなるはず。

「苹果」(ピングォ)は、リンゴの中国語です。

ですから、タイトルは「小さなリンゴ、リトル・アップル」という意味で、歌詞もリンゴに関係した内容になっています。

歌っているのは「筷子兄弟」(クヮイズ ションディ)

「筷子」はお箸の中国語なので、英語名は「チョップスティック・ブラザーズ」。

無理やり日本語に訳せば「お箸兄弟」となります。

映像ディレクターの肖央(シャオ・ヤン)と音楽プロデューサーの王太利(ワン・タイリー)の二人組で、実際の兄弟ではありません。

香港・台湾はともかく、中国大陸の流行歌は今でもバラード中心ですが、『小苹果』は珍しくダンスナンバーで大ヒットしました。

若い人だけでなく、幅広い年齢層に浸透した

本作がヒットした経緯は、日本の『恋するフォーチュンクッキー』に似ています。

ノリノリのダンスを真似て、ネットにアップするブームが起きたからです。いわゆる「踊ってみた」ですね。

そうした投稿画像を見てみると小学生、高校生、お年寄り、地下鉄職員、原発職員、人民解放軍、外国人など多種多様な人たちが楽しそうに踊っています。

一度聴いたら耳に残るナンバー、覚えやすいダンスが受けて人気に火が付いたんですね。

このヒット曲の裏方には、ダンスナンバーを大量生産している韓国K-POP勢もいます。

まず、MVは全編が韓国で撮影されました。

そして、筷子兄弟の2人といっしょに踊っている美女は、ペ・スルギという韓国の女優です。

ヘンテコなダンスを踊るペ・スルギは、中華圏でも大人気になりました。

このコミカルな踊りを振付したのは、『江南スタイル』(SPY)で特徴的な乗馬スタイルを考案した振付師です。

さらに、人気グループT-ARAによって韓国語によるカバー曲までリリース!

こちらのMVにも筷子兄弟がゲスト出演し、いっしょにヘンテコなダンスを踊りました。

以上が『小苹果』がヒットした経緯です。

それにしても、K-POP勢の海外での熱心な活動には舌を巻きます。

日本では少女時代、KARA、BIGBANG、AOAなどによって勢力を拡大していますし、中華圏でも『小苹果』のような活動をしているのです。

芸能ニュースひとつ見ても、アジアは激動期にあるとあらためて感じます。

SNSでもご購読できます。